Dレアリティのブログ(笑)



世の中のほとんどは「厳しさ」で出来ている

今日、駅で知らないオッサンに話しかけられました。




「サイフを無くしたので帰れないから、お金を貸して欲しい」とのこと。
ちなみに、携帯電話も無いから連絡も出来ないと、聞いてもいないのにベラベラと喋る。

心の清い人なら、1000円ほど手渡してしまうのだろうけど、自分の場合、そんな優しさは高2の夏に無くしたっきりなので、初めから1銭も渡す気はありません。

こうゆう場合、駅員さんか交番のお巡りさんに頼めば貸してくれる時があるので、その方法を勧める。
しかし、相手の方はなんか歯切れが悪く、「サイフと携帯が無い」と同じセリフしか言わない。
あとで返す方法とか一生懸命説明される。
そんな所だけ用意周到に考える脳みそがあるなら、そもそもこんなピンチな状況にならないハズ。

時間がもったいないので、自分がお金を借りられるか聞いてやると、駅員さんに問い合わせつつ、オッサンを差し出した。悪く言えば「なすりつけ」である。

ちなみに、駅員さんに頼んでも借りられるとは限らないみたい。なぜなら、そうゆうのは経費ではなく自腹になるので、本人の意思と懐具合によっては断られるらしい。

そんな訳で、オッサンは駅員さんに頼んで、お金を借りるコトに成功した……かは知りません。
2歳児とかじゃないんだから、自力で帰れるでしょう。



もし、自分が同じ状況になった場合を考えてみる。
とりあえず連絡手段だけでも確保して、知り合いに迎えに来てもらう方法が1番のような気がします。
駅員さんに10円玉か、テレカを1枚借りれば済む話だ。親切な人なら、電話を貸してくれるかも知れないし。
なんにせよ、電車賃丸ごと貸りるほどの事件では無いです。
[PR]
by yowa555 | 2008-05-17 22:24 | 日記
<< 年齢なんて、20歳過ぎればどう... キャラの名前の後に(声優名)っ... >>


(元)同人サークル「Dレアリティ」 現在ボダブレサークル 書いている人:川畑よわ 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
リンク
Dレアリティのホームページ
活動内容の詳細はこちら。

川畑よわのミクシィ
こっちの日記は身内ネタばかり。

自由気ままに
のりしおさんの日記

お友達の「のりしお」さんのブログ。自由気ままに生きるのマジおすすめ。リラックマみたい。

GKWのホームページ
よく俺を虐めて(緋想天的な意味で)楽しんでいる「ゆめ」さんのサイト。
自称ドイツ人。
ライフログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧